AWSの勉強&情報収集まとめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
kmryk0526
詳しいプロフィールはこちら

これからAWSの世界に飛び込んで行こうという人向けに、私がやってきた勉強、現在も続けている情報収集の方法についてまとめてみました。

AWSサービス別資料

AWSが提供サービスについての説明資料をSlideShare、PDFファイルで公開しています。
一部、過去のウェビナーが収録されたYoutube動画があるものもあります。

AWSサービス別資料

超初心者の方の場合、まずは以下のサービスについて見ていくと良いかと思います。
これらはAWSを利用するうえでの必修科目です。

  • Amazon EC2
  • Amazon VPC
  • Amazon S3
  • AWS Identity and Access Management (IAM)

書籍

AWSの関連書籍はたくさんありますが、「Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド」が定番かと思います。

Amazon Web Services 業務システム設計・移行ガイド

ちなみ技術系の書籍は全般的にそれなりのお値段なので、私はよく図書館で借りてます。
蔵書になければリクエストすることができる場合もありますので、家や職場の近くの図書館に行ってみましょう。
また、比較的新しい本でもメリカリ、Amazon、楽天ブックスで中古本が見つかることもあるので要チェック。

Udemyのおすすめコース

動画で教育コンテンツを提供しているUdemyでハンズオン形式で勉強できます。

Udemy 手を動かしながら2週間で学ぶ AWS 基本から応用まで
定価は15,600円ですが、セールのときであれば1,400円で購入できます。
Udemyは頻繁にセールをやっているので、間違っても定価で買わないようにしましょう。

AWSのアカウントを作成して、実際にAWS上に簡易なシステムを構築していきます。
解説もわかりやすくオススメです。
ちなみに講師の方は上述の書籍の著書の一人でもあります。

試験対策本

どうせ勉強するならついでに資格もとっておきたいですよね。
手始めにAWSソリューションアーキテクト アソシエイトの取得を目指すと良いと思います。
対策本は以下があります。

徹底攻略 AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト教科書

最短突破 AWS認定ソリューションアーキテクト アソシエイト 合格教本

なお、かつて唯一の対策本であった以下の書籍は本記事執筆時点で2018年2月の改定後試験に対応していないので注意しましょう。
もし、買うなら上の2つがおすすめです。

コミュニティに参加してみる

JAWS UG(Japan AWS User Group)というユーザコミュニティがあります。
活動は支部ごとに行われておりがあり、無料のセミナーや勉強会が全国で開催されています。

例えば、初心者向けに「JAWS-UG初心者支部」があり、目黒のAWS本社で定期的にセミナーが開催されています。

気になる支部の活動状況をConnpasDoorkeeper、Twitterでチェックして参加申し込みしましょう。
平日、仕事終わりに行ける時間帯のものが多いです。
会場に行けない場合には”リモート枠”(Web配信)も利用できるセミナーもあります。

支部によっては活発に活動していないところもあるので注意しましょうw

AWS公式メディア

新しい情報にキャッチアップするには公式メディアが有用です。

テックブログ

実際にAWSを使っている企業のブログ。
新しいサービスや機能のレビュー記事など現場レベルの実践的な情報が得られます。

  • DevelopersIO produced by Classmethodこの界隈でクラスメソッドさんのブログを知らない人はいません。
    その情報量の多さ、ものすごい更新頻度からAWSの中の人も見ているそうです。
  • ハンズラボエンジニアブログ
    もう一つ挙げるとしたらこれ。
    東急ハンズのPOSシステムをDynamoDBなどで構築したサーバレスアーキテクチャのお手本のような事例があまりにも有名。

いかがでしたでしょうか?
参考になれば幸いです。

おわり。

この記事を書いている人 - WRITER -
kmryk0526
詳しいプロフィールはこちら
Ads by Google




Ads by Google








- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれテック , 2019 All Rights Reserved.