pgAdminでVagrant環境のPostgreSQLに接続する。

2018/10/16
 
この記事を書いている人 - WRITER -
kmryk0526
詳しいプロフィールはこちら

PostgreSQLをしばらくいじっていると、やっぱりSQL開発ツールで接続したくなってきます。
汎用SQL開発ツールと言えばA5:SQL Mk-2CSEあたりが定番なんでしょうかね?
ですが、今回はせっかくなのでPostgreSQL専用のpgAdminを使ってみました。

前提となる環境

ノートPCにVagrant(Virtualbox)でCentOSを載せて、その上にPostgreSQLを入れています。
pgAdminもそのノートPCにインストールし、localhostで接続します。

  • Vagrant 2.0.1
  • CentOS 7.5
  • PostgreSQL 10.5
  • pgAdmin 4  v3.4

事前準備

Vagrantの設定

Vagrantfileにポートフォワードの設定を書きます。

config.vm.network "forwarded_port", guest: 5432, host: 5432

VM起動中に変更した場合は”vagrant reload”でVMを再起動して、変更を反映させてください。

PostgreSQLの設定

pg_hba.confとpostgresql.confの設定値を確認し、必要に応じて変更します。

# TYPE  DATABASE        USER            ADDRESS                 METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all             all                                     trust
# IPv4 local connections:
host    all             all             all                     trust
# IPv6 local connections:
host    all             all             ::1/128                 trust
# Allow replication connections from localhost, by a user with the
# replication privilege.
local   replication     all                                     trust
host    replication     all             127.0.0.1/32            trust
host    replication     all             ::1/128                 trust

検証環境なので利便性だけを考えて、ここでは全てのホストから認証なしで接続できるようにします。

#------------------------------------------------------------------------------
# CONNECTIONS AND AUTHENTICATION
#------------------------------------------------------------------------------

# - Connection Settings -

listen_addresses = '*'	   # what IP address(es) to listen on;
					       # comma-separated list of addresses;
					       # defaults to 'localhost'; use '*' for all
					       # (change requires restart)
port = 5432				   # (change requires restart)
max_connections = 1000     # (change requires restart)

listen_addresses = ‘*’とします。
portはコメントアウトされている場合もデフォルト値の5432になります。
設定変更後は、変更内容を反映するためにPostgreSQLを再起動してください。

pgAdminのインストール&接続

pgAdminのHPからインストーラをダウンロードして、インストールします。
MacOSX
Windows

pgAdminを起動し、データベースを登録します。

左ペインで”Servers”を右クリックし、”Create” > “Server…” と選択します。

create-server

“Name”を適当につけます。

create-server-general

“Host”をlocalhostに、”Password”にユーザpostgresのパスワードを入力し、”Save”をクリックします。
create-server-connection

接続できれば以下のようになります。
pgAdmin

試しにSQLを投げてみます。
“Tools”メニューから”Query Tool”を選択するとQueryタブが開くので、適当なSQLを書きます。
「F5」キーを押すか、雷みたいなマークをクリックすると実行できます。

query-result

うまくできました。

この記事を書いている人 - WRITER -
kmryk0526
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれテック , 2018 All Rights Reserved.