だいたいビール飲みながら書いてます。

つれづれテック

kindle paperwhite 最新モデル(第10世代)を買ったよ。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

以前から気にはなっていた電子書籍。
ふるさと納税でamazonギフトを手に入れたので、この機会にkindleの最新モデルを買ってみました。
使ってみた感想を書いてきます。

購入端末スペック

  • kindle paperwhite 第10世代
  • 8GB
  • 広告なし
  • Wi-Fi
  • 15,980円

プラス2,000円で32GBも選択できますが、自分の場合はどう考えても8GBで十分。

32GBモデルの場合、Wi-Fi以外に4Gが課金なしで利用できるタイプも選べますが、自宅のWi-Fiでのダウンロードを想定していたのでやっぱり8GBで良し。

もし、出先でダウンロードしたくなったとしてもテザリングもありますしね。
広告つきにすると2,000円安くなりますが、後から後悔しそうなので広告なしに。

 

初期設定

箱を開けるとこんな感じで入っています。

電源を入れると、こんな画面に。
※普通の人よりはるかに手がでかいので、サイズの目安にはしないでくださいw

ガイドに従ってWi-Fiの設定などしていくと、いきなり自分の名前が表示されてびっくりしました。
購入する際に使ったamazonのアカウントが端末の初期アカウントとなっているようです。
kindleをプレゼントされた人などは「別のアカウントを使用」を選択することになりますね。
 

そんな感じで進んでいくと初期設定はすぐに終わります。

使ってみた感想

これはkindleに限ったことではありませんが、電子書籍リーダー特有のページめくり時のチラつきが慣れないうちは気になります。

活字だけのコンテンツではさほど気になりませんが、雑誌やマンガなど絵や写真が多いコンテンツについてはチラッチラッします。これはまぁ慣れるしかないかなぁと。

モノクロ表示なので、カラーの雑誌やPDFファイルを閲覧を主目的とする人にはおすすめしません。
タブレット端末やパソコンで見る方が良いかと思います。

シンプルに活字を読むために使う人にはもってこいです。

買って良かった?

これはもう「買って良かった!」と言い切れます。

その時の気分によって読む本を決めたい人なので、いつも2冊は紙の本を持ち歩いてました。

これからはkindleひとつ持って出かければ、読みたい本を選んで読むことができます。
kindle本体は iPhoneくらいの重さ(182グラム)なので持ち運びはもちろん、本を読む際も快適です。

また、ディスプレイが発光するので暗いところでも快適に読めます。
PDFファイルをkindleに転送して、読めるのも嬉しい機能です。

紙の本はもう買わない?

答えはノーで、理由は以下です。

kindle版が売っていない本がある。

流行りのビジネス書や有名作家の小説はkindle版をamazonで買うことができます。

私の場合はIT系の人間ということもありkindle版が販売されていない技術書を読みたいことも多いです。

中古本買った方が安い場合がある。

私はAmazonの次にブックオフで本を買います。

最近読んだ小説の作家の昔の作品を探すとか、とりあえずタイトルに惹かれて買ってみるなど、今すぐ読みたいわけじゃない本を安く買えるのはやはりメリットですよね。

100円〜300円くらいで買えるものも多いですし。

まとめ

  • 活字の本をたくさん読む人なら迷わず買い。
  • 雑誌読むために買うのはおすすめしない。
  • kindle買っても紙の本を買う機会は減るがゼロにはならない。
  • 8GB、広告なし、Wi-Fiモデルで決まり。(32GB不要、広告不要、4G不要)

kindle paperwhite最新モデルをAmazonでみる。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれテック , 2018 All Rights Reserved.